2018年06月23日

すみだ環境フェア2018への参加

generation.gif

すみだ環境フェア2018への参加

・今年で5回目の出展となるすみだ環境フェア2018(6/23・24)に参加しました。
・今年は「エコって楽しい!来て・見て・体験”未来のためにできること」をテーマに、環境について考えるきっかけとなるよう、体験型プログラムを16団体が出展しました。
・このイベントは、以前から実施していた「トンボフェア」と「グリーンフェア」を統合し、平成19年度から環境団体、区内事業者及び環境担当職員で構成する実行委員会を組織して「すみだ環境フェア」として開始したものです。
・EVFコーナーでは、5枚のパネル展示とザンビア向け人力発電自転車で活動の様子を伝え、発電自転車による体験型イベントでは、“あなたは何 W?発電自転車を体験してみよう!”ということで、挑戦してもらいました。
・天候が良いとは言い難い2日間でしたが、発電認定証を獲得した人は、23日で107名、24日は98名でした。
・このイベントは、ステージプログラムや体験型プログラムが豊富にあったので、このコーナーの来客はバランスよく、大人、子供、男女の参加者がほぼ同数の方に発電自転車を体験してもらいました。
・昨年は、400W超えが2名でしたが、23日で6名、24日は3名でした。
・最高記録は大人男子で435.0W、女子284.1W、子供男子で83.5W、女子97.8Wでした。
特筆すべきは、75歳の高齢者が324.2 Wの記録を達成できたことです。
・今回、大人から子供までの幅広い層が、人力発電自転車の体験でエンジョイしたことでしょう。

2018062301.jpg
ザンビア向け人力発電自転車に夢中になり聴き入る参加者

2018062302.jpg
体力の限りを尽くし挑戦し頑張った高齢者

2018062303.jpg
惜しくも最高記録を逃したが426.6W達成しました。

2018062304.jpg
惜しくも最高記録を逃したが273.6W達成しました。
posted by 小規模発電事業 at 00:00| 日記