2016年10月15日

ザンビアプロジェクトの進捗状況につて

 今年度もジョイセフ殿との協働によるザンビアへの人力発電自転車の海外譲与事業を実施しています。
 人力発電自転車のザンビア向け出航予定の11月上旬を目指し、作業を進めてきました。
20台の再生自転車は、発電機を取り付ける荷台等の形状が違い、一品ごとの制作という大変な苦労がありました。9月中旬には、ザンビア向け組み立て作業を横浜貿易倉庫で3日間に亘って実施し、一応完成検査を終了することができました。
リサイクル品使用の手作り人力発電自転車は、世界でも画期的な品物と考えています。
 ジョイセフ殿からは、「開発事業は大変な苦労があることを改めて感じました。特に、ジョブ担当の中島さまのご配慮に対し、心より感謝いたします。」とのコメントをいただきました。
ene2016101.jpgwhite10x150.jpgene2016102.jpg
平均年齢70歳を超える爺さん7名    新現役爺さんの作業状況

posted by 小規模発電事業 at 11:21| 日記