2016年02月29日

練馬区立リサイクリングセンター2月の省エネ月間に参加

2月の省エネ月間に合わせ、春日町リサイクルセンター作って遊んで省エネ 体験イベントが開催されました。
先ずは、暮らしの省エネ川柳から「気が付けば、エコの達人、年金者」「ケチじゃない、地球のためと見えを切り」
省エネ体験では、特別イベント“自転車発電に挑戦! 自転車のこぐ力で発電してみよう”にEVFの人力自転車発電機が参加しました。

eco0201.jpgeco0202.jpg

この企画を担当されました、練馬区立リサイクルセンターの西國さまから次のメセージをいただきました。
<西國さまからのメッセージ>
大変お世話になっております。おかげ様で、省エネ月間を盛り上げる事ができました。改めて発電装置を手作りで作っていただいたり、期間中修理にお越しいただいたり、技術的なサポートも何度もいただきました。心よりお礼申し上げます。展示中は、大人は発電の仕組みや、皆様活動に興味をもたれて、質問を受けました。こども達には、発電記録証を渡し、最高記録を随時発表すると、記録更新するために何度もリピートするこども達がほとんどでした。こども向けにEVF様の省エネ活動を要約したものを貼りだし、少しでも電気(エネルギー)の大切さを理解していただけるようにしました。期間中(土曜日、日曜日の午後と21日(イベント開催日)は終日)の発電人数は95名でした。誠にありがとうございました。
eco0203.jpgeco0204.jpgeco0205.jpg
また、EVFの再生自転車に発電機を取り付けた、人力自転車発電機はリサイクルセンターからの提唱、「3R」から「5R」: に合致しています。
Reduce:ゴミにしない。買い物の回数を減らし、買い物リストのメモをもって
Refuse:ゴミになるものをもらわない。カバーはいりません
Reuse:そのまま使えるものがたくさん。リユース食器
Repair:修理し、大切に使いましょう。パンク修理など
Recycle:素材別に分別すれば、有効な資源に 鍋・釜など回収
なお、一般家庭においても、「無理な省エネ、節電」から「創エネ」、「畜エネ」、「省エネ」の組合せにより、賢くエネルギーを利用する「エネルギーマネジメント」へと、省エネ行動を進化させることが求められています。

EVF小エネプロジェクトからの追記)
今回の人力自転車発電機はイベント用ではなく、海外での無電化村用途に開発されたもので、イベント用としては物足らないところが多少あります。ただ今、イベント専用の人力自転車発電機を開発中で、これがイベント用としてデビューしましたら、イベントの面白みも増すでしょう。さらには、省エネ体験イベントのみならず、避難所での人々の運動不足の解消と遊び心で心を癒すツールとしても展開し行きたいと考えています。
posted by 小規模発電事業 at 11:26| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: