2018年10月28日

村山デエダラまつり2018(10/27・28)に出展

generation.gif
・今年で2回目の出展となる武蔵村山市主催の村山デエダラまつり(10/27・28)に参加しました。
・今年度のテーマは「新デエダラポッチ、現わる。出てこい!モンスター」でした。
・このイベントは、平成17年から毎年開催し、今年で13回になります。市民の皆さんが主役になって、デエダラポッチとともに武蔵村山市の魅力や文化、そして活力と元気を発信し、参加する市民まつりです。今年は、本場青森のねぶたとデエダラポッチの融合した第三代デエダラポッチ山車のお披露目をするお祭りでもありました。
・環境フェスタブースのEVFコーナーでは、5枚のパネル展示で活動の様子を伝え、人力発電自転車による体験型イベントでは、“あなたは何 W?発電自転車を体験してみよう!”というテーマで、挑戦してもらいました。
・昨年のイベント開催の日は、大雨で一日だけでしたが、今年は、2日とも炎天の下で、一日目は参加者100名を超え、発電認定証を獲得した人は、79名でした。
・二日目は80歳を超えるお二人の助人の、発電体験に一気に誘い込む話術のお陰で、発電認定証を獲得した人は、169名でした。
・その時点で認定証が無くなりましたが、その後44名が体験し体験者数は231名と今までのイベントの最高参加者数で大盛況でした。
・参加者の構成は、子供と大人がほぼ同数で、マックス値は学生時代陸上部の短距離ランナーだった人で710.0Wでした。
201904_3.jpg201904_4.jpg201904_5.jpg

・なお、今年のイベント出展はすべて終了しました。
posted by 小規模発電事業 at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年10月21日

ふれあいフェスタ2018(10/21)に出展

generation.gif
・今年で3回目の出展となる新宿区主催の大新宿区祭り・ふれあいフェスタ2018(10/21)に参加しました。
・今年度のテーマは「驚きいっぱい!わんだ〜ワールド」でした。
・このイベントは、平成元年から毎年開催し、今年で30周年になります。新宿の伝統や歴史、文化に出会うことができました。宿区最大の区民まつりで約6万2千人が来場しました。
・ミニSLなど親子で参加できる催しが盛りだくさんのお祭りでした。
・EVFコーナーでは、5枚のパネル展示で活動の様子を伝え、人力発電自転車による体験型イベントでは、“あなたは何 W?発電自転車を体験してみよう!”というテーマで、挑戦してもらいました。
・昨年のイベント開催の日は、小雨でしたが、今年は、程良い気温に恵まれて、参加者は90名を超え、発電認定証を獲得した人は、複数回参加の重複を除いて59名でした。少し少なめでしたが、時間帯によっては結構にぎわいました。
・参加者の構成は、低学年の子供が多かったです。
・体験者のマックス値は412.1Wでした。
・保護者の方も楽しんでいましたが、夢中になって漕いだ子ども達にとっては貴重な体験になったと思います。
201904_6.jpg201904_7.jpg
posted by 小規模発電事業 at 00:00| 日記

2018年10月06日

エコライフフェア秋へ2018(10/6)に出展

generation.gif
・今年がEVFとして初めの出展となるエコライフフェア秋に参加しました。
・主催の板橋区エコポリスセンターは毎年冬と夏にエコライフフェアを開催してきましたが、この時期の開催は初めてとのことでした。今回のイベントは“身近な環境について考えよう”をコンセプトに「エネルギー」「自然」「てづくり(ごみをへらす)」という3つのゾーンに分けて、展示や体験コーナーで楽しみながら学べるように工夫されていました。
・エコポリスセンターは平成7年に人と環境が共生する都市を目指して、地域から地球環境に至る多様な環境に配慮した社会システムの導入とエコロジカルなライフスタイルの普及促進を担う施設として開設しています。このセンターでは、乳幼児から大人まで幅広い世代が、「知る・気付く」「考える・学ぶ」「行動する」「交流する・(次世代を)育てる」というサイクルで環境についての学びを深めていけるよう、「イベント」などを実施しています。役割として @環境学習の場の提供「知る→考える→行動する」  A環境情報の発信の場 B新技術の体験の場と普及の促進などを実施しています。
・平成10年には地球温暖化防止活動大臣表彰されています。
・今回のEVFコーナーでは、5枚のパネル展示とザンビア向け人力発電自転車で活動の様子を伝え、発電自転車による体験型イベントでは、“あなたは何 W?発電自転車を体験してみよう!”ということで、挑戦してもらいました。
・当日最寄りの小学校で運動会があり、そのせいか、午前の来場者は少なかったのですが午後に増えて、参加者は100名を超え、発電認定証を獲得した人は、62名でした。
・今回のイベントでは大人の男性が9名と体験者が少なかった割には、400W超えが3名でした。特筆すべきは、今までのイベントでは子供の200W超えがいなかったのですが、小5のバトミントン部の女生徒が241.5 Wの記録を達成したことです。
今回は特に子供たちで賑わい、夢中になって漕いだ子ども達にとっては貴重な体験になったと思います。
201904_8.jpg201904_9.jpg201904_a.jpg201904_b.jpg
posted by 小規模発電事業 at 00:00| Comment(0) | 日記