2015年09月22日

人力自転車発電器

generation.gif

第2次人力自転車発電器が船出


開発製造の取り組み
昨年出荷のザンビア向け第1次人力自転車発電器おいて、懸案であった発・充電のための自転車を漕ぐ労力の重さ(負荷)についての改良点を主要課題とした。
現地で喜んで頂ける実用性の高いシステムに仕上げることを目指した。
先行開発
発電・充電システム開発と発電機搭載・駆動システム開発を実施した。
今回の主要課題である負荷軽減のための、ハブダイナモの性能向上と改造を実施した。
JINRIKI1.jpg
JINRIKI2.jpg
試乗会
H27/3/29に第二次人力自転車発電器の仕様決定のための試乗会を実施した。
JINRIKI3.jpg
JINRIKI4.jpg
引き渡し確認会
生産化仕様開発・設計及び生産手段の検討後、第二次人力自転車発電器の10台ついて冠水テスト、悪路走行テストなどのシステムの信頼性確認をした。
H27/7/20に雷と豪雨に襲われたが、出荷判断確認と最終出荷準備作業を実施した。
人力自転車発電器の引き渡し検収会
H27/8/25に横浜貿易倉庫で執り行われ、昨年納品の人力自転車発電器に比べて、これほどまでに深化できたかと、驚嘆の評価を得た。
JINRIKI5.jpg
JINRIKI6.jpg
JINRIKI7.jpg
JINRIKI8.jpg
JINRIKI9.jpg
JINRIKIA.jpg
改良に改良を加えた10台の人力自転車発電器は、無事検収作業を終え、H27/9/19に横浜から出航し、南アフリカのダーバン港に運ばれ、現地ザンビアには陸路経由で12月ごろに届けられる予定。
posted by 小規模発電事業 at 11:35| Comment(0) | 日記