2012年12月23日

小エネエコプロダクツ展へ

チーム立花による小エネ活動

1.活動目的
開発途上国の無電化村向けに安価な小エネルギ―(蓄電含む)システムを研究開発し、地域レベルで、購入可能な製品を提供し普及させたい。
IMG_0498.jpg


ショウエネ1.png

2.行動目標
アフターケア/リサイクルを重視した材料選定や仕組みなどで、地域レベルの人々に 意識的・無意識的な環境への貢献という価値を創出する。また地域レベルの人々が
気づいていないような施策を活用して、地域レベルの人々へのメリットを提供したい。

3.プロジェクトの適用地域の選定
メコンの流れとともに力強く歩みはじめたラオスをはじめ、ミャンマー・タイ・
カンボジアにベトナムやネパールなどの無電化村から選ぶことにしています。

4.試作
可能性のあるものを絞り込むだけでなく、既存のものをベースにしつつ工夫したものを試作しました。試作品は第14回エコプロダクト展に出展しました。

省エネ2.png



5.事業の実施主体の推進体制
検討は、EVFのメンバーで検討チームを編成し進める。

6.事業の実施により期待される効果
この事業を実践することで、開発途上国の無電化村における電化の実現可能性とか
現状把握の適格性、あるいは合理性、先駆性などが確認していきます。
7.当面の予定
今後はEVFの中でコストダウン、性能アップ等を検討しながら製品化を目指します。
また、事業展開のための取り組みも始めました。

8.第14回エコプロダクト展パネル

pnh1.png


pn1.png


pn3.png
自転車をこぐだけで発電できるすぐれもの。
その名も「どこでもながら発電」!!
晴れた日は、気分よく走りながら・・
雨の日は、部屋の中でダイエットも兼ねて。
みんなも一緒にいつでもどこでも、さあ発電。


pn4.png
川面にに浮かべておくだけで、勝手に発電開始。
その名も「いかだナノ発電」!!
竹と水車の簡単構造。
壊れてもすぐに直せる斬新設計。
小さく非力に見えるけど、たくさん集めて、さあ発電。



pn5.png
あなたの家の自転車が、あっという間に発電機に
その名も「シンプル発電」!!
自転車の後輪にモータとバッテリーをセットするだけの
シンプルさは、発電の概念を変えるかも!?
自分で組み立てて、さあ発電。




pn6.png
かわいい子供のためなら、おとうさんが発電するぞ!
その名も「おとうさんが夜なべで発電」!!
闇夜に勉強したい子のために、昔は蛍を集めたけれど、
これからは汗をかきかき自転車をこぐ。
今日も夜なべで、さあ発電。






posted by 小規模発電事業 at 00:00| Comment(0) | 日記